fc2ブログ








春だね 




うちのナオが、小学一年生になりました





早いもんだねぇ





ナオが小学生になることで俺の生活も少し楽になったんだ




今まではソウタを起こしてメシを食わせて、送り出して、その一時間後にナオを起こす、って感じだったんだけど、今は二人まとめてできるんだ





おかげで二時間多く寝れるよ





え?カミさん?





だから寝てるっつんだよ!





何度も言わせんなよ





まあいいや






楽になったのはいんだけど、心配なこともあるんだ






ナオってさあ、物凄い真面目で素直なんだけどさあ






一回スイッチが入るとメチャクチャ狂暴なんだよね…




こないだも、俺とソウタとナオでラーメン食いにいったんだ





そしたら仕込みの時間だったらしく、まだ開いてなかったんだ






一回家帰るのも面倒だし、ラーメン屋の近くをふらふらして時間つぶすことにしたんだけど、ちょっとした空き地があってさあ






俺「よし、あそこの壁をタッチして早く戻ってきた方に替え玉券2枚プレゼントな」





ちなみにナオは、4歳の時から軽くラーメン2杯は食ってた





俺「ソウタはお兄ちゃんだから5秒数えたらスタートな!それじゃ、よーいスタート!」






5秒遅れのスタートとはいえ、ソウタは足が速い






先に壁にタッチしたのはナオだったが、差は縮まっている





そしてソウタがあと1メートル位に迫った瞬間!






ナオがクルッと振り向き






ソウタの首筋に、ボブチャンチンばりのロシアンフックを一発!





そして倒れそうになったソウタの襟を両手でつかみ、今度は腹にイグナショフばりの膝、膝、膝の3連発






俺「おいっ!ナオチャンチン何やってんだよ!」





ナオは何事もなかったかのように走りだし、両手を上げてゴール…






そしてソウタは砂利の上にヘタリこみ、メチャメチャまばたきしながらこっちを見てる…






俺「ソウタ大丈夫か?今のはしょうがねぇから、お前も替え玉何回たのんでもいいからな」






ソウタ「うん…なんか…俺一杯も食べれないかも」






俺「だよな…」





味玉と汁だけしか口にしないソウタ、その横でガッツリ紅生姜をぶちこみ、ピンク色に染まったラーメンをすすりながら「ナオちゃん紅生姜大好き!だってピンク好きだもん!女の子だから」





女の子…






二回目の替え玉の時、スープを全部飲んでしまい、スープもください、と言ったところ店員に断られ






「前はスープもくれたんですけど、何で今日はダメなんですか!?」






と、店主に直談判しスープをゲット…





そして帰りぎわ、スープを断った店員にフンッってやった我が娘…






こんなんで小学校で友達なんてできるのだろうか…
[ 2009/04/11 19:53 ] 日記 | トラックバック(-) | CM(1)

香港アクションばりですね。

祝・ご入学。ちなみにウチの娘も新一年生です。
[ 2009/04/13 02:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する