fc2ブログ








秦野市★釣りセンター 







なんだかんだで三時間かかったかなあ






山の中に、みのげマスつりセンターってのがあって






自然がキレイで気持ち良くてさあ、子供達も喜んでんだよ





でも俺はすぐにスイッチを切り替えたね





今日の任務は自分で釣った魚を食べること





釣れなきゃ食えない、それなりの努力と運が必要だ





これって社会でも同じじゃん?結局なんだかんだで結果出せないヤツは淘汰されていく





そう、俺は釣りを通じて子供達に社会の厳しさを学んでほしかったんだ







うん、次行っていい?拍手長すぎだよ






まあいいや







いくら釣り堀とは言え、釣れるヤツと釣れないヤツがいるだろう





俺は子供達の頭に手を乗せ





「今からはお互いがライバルだかんな、お互いが」






ナオ「パパ、うんこしたい」





行ってこい…






受け付けに行くと、物凄いやさしいおじさんが迎えてくれた






俺「大人一人と小学生一人と幼稚園児(ほんとは小学生)一人お願いします」






おじさん「あっそうゆうんじゃなくて、竿何本出しましょうか」





俺「あわ…はい、んー…さ、3本で」





嘘つく必要がないのに嘘をついてしまい一瞬動揺する俺







おじさん「はい、じゃあ竿これね」







やたらとちゃちい竿を三本渡されいざ川へ





と思ったら、おじさんが







「あと、魚は何匹にしましょうか?」






「え?」





「八匹と十匹がありますが」




あー





八匹まで釣っていいってことね、まあ初心者だし少ない方にしておくか





「八匹で」





「3000円になります(確か3000円くらいだったと思う」




高っ、しかも先払いシステム?





まあいい、金を払いいざ川へ





おじさん「はい、じゃあ魚持ってきますんでお待ちください」







え?魚を持ってくる?どうゆうこと?






こんな時、知ったかぶりで何も聞かず自分なりに解釈してしまうのが俺の悪い癖





あっ!なるほど、友釣りかあ





以前テレビで観たことがある




川の魚は仲間と群れる習性があるため、おとりとして魚を泳がせ、近づいてきた魚をサクッと釣るってやつか






ソウタ「魚買ったの?釣るんじゃないの?」





俺「違うよ、これは友釣りと言ってね」






おじさんがバケツに八匹の魚を入れ登場





「さあ、案内します」





バケツを持ったおじさんの後を、やたら幼稚な竿を持ってついていく俺達






不安気に俺を見つめるソウタ、竿を振り回しながら歌うナオ





なんだこの胸騒ぎ…こんな竿で魚って釣れんのか?ただの竹だよなコレ…竿ってもっと…大体友釣りって八匹もいらねぇだろ…








そして





おじさん「はい、じゃあここで」





川の横に石で枠をした四畳半くらいの水溜まりがたくさんあり、そのうちの一つに魚の入ったバケツをひっくりかえし






「どうぞ」






ズルっ!!!本日三度目!




母さん、俺こんなに魚がキレイに見えてる釣り堀初めてだよ…






深さも10センチくらいなんだよ…





ソウタは俺の目を見ずに





「釣ろう…」





俺「なんだお前、ひいてんのか?」





ソウタ「いや…釣るぞぉ!」




俺「いやいや、俺が先に釣っちゃうからなあ!(息子よごめん…ごめん…俺だってこんなん想像してなかったさ…でもしょうがないじゃん…魚買っちゃったし…」






明らかに魚が見えてる場所に糸を垂らしヒットを待つ俺達






その時ナオが


「パパ、中入っていい?」




俺「ああいいよ、なんでもいいよ」





ナオが靴を脱ぎ、川に入って十秒くらいかな





ガバッ





ナオ「魚とれた!」





俺「…」
ソウタ「…」





次々に素手で魚をゲットするナオ





俺「ソウタ、お前も入っていいんだぜ」





ソウタ「いや、今ビクンとしたからもう少しやってみる」





俺「うそつけ!全部見えてるわ!全部ナオにとられちゃうぞ」





ソウタ「んー…いい?」





俺「いいよ、道具を使うか使わないかってだけの話だから」





ソウタ「そうだね、こんな釣りヤラセだしね」






ヤラセって言うな…








それからはもう、つかみ取りが楽しくてさあ、俺も中に入り、死ぬほど笑いながら捕まえては放し、捕まえてはブン投げ






3時間くらいやったかなあ





最終的には八匹すべてに名前つけたりしてさあ




「よし!ソウタはジャックを捕まえろ!ナオは鳩山な!」



「OK!!」





みたいな





子供達も相当楽しめたみたい






これだけでも相当楽しめたんだけど、ここではこの魚達をすぐそばの小屋へ持っていくと焼いて食べさせてくれるんだ





俺「そろそろ行くぞ、全部捕まえて焼いてもらお」





全部捕まえてバケツに入れて





ナオ「あれ、一匹足りない」





ソウタ「1、2…ほんとだ!サトルがいない」





またサトルか!





結局、一匹川に逃げられて計七匹





ナオが4匹(食い過ぎ)、ソウタが2匹、俺が1匹を食って今回の任務終了。






まあ、釣りは失敗だけど、遊びは成功だね




みんなも行ってみては?





魚遊びとサトル探しの旅






チャオ!
[ 2009/11/27 09:14 ] 日記 | トラックバック(-) | CM(1)



斬新過ぎる(笑)


いやぁ…面白かった3時間も遊んだりして楽しそうで何よりです


[ 2009/11/27 19:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する